ブログ

ロクディムりょーちんの「僕が即興芝居で、こだわること。大事にしていること。」#17 『わからないところにいくから、わかることにするのがまず大事』

,

『わからないところにいくから、わかることにするのがまず大事』

今回のテーマは、即興芝居を作る設定の話。
矛盾するようなテーマですが・・・

即興で場面を作るために、自分や相手が「誰」で、どんな「関係」で、ここにいる場所は「どこ」で、「何をしようとしている」のかと、設定を作ることがまず大事です。
それは何故大事なことなのか。

答えとして当たり前なことなのですが・・・
「それがないと演じることができないから」です。

即興だから、わからなくてOKでいいわけではありません。
確かに、場面としては、何も決まっていない未知なところへと進んでいきます。
ですが、自分が何者で、相手が誰で、自分たちが何をしようとしているのかわからなくては、どこに船を漕ぎ出していいのかわからなくなってしまいます。

ただ怖いのは、即興で演じている人を見ていると、自分たちが何者なのかわからなくても、言葉を交わせて、場面を進ませていくことができてしまうのです。
(お互いのことなどが何もわかっていないので、実はなにも場面は進んでいないのかもしれませんが)
で、進んでしまったら、その漕ぎ出した船をなかなか岸へと戻すことは至難の業です。
「実は僕たちは誰だろうね」って、そのことに気づいて場面上で使えていければいいのかも知れませんが、お互いに何もわからないまま終わってしまうなんてことも時に見受けられます。

脚本ある芝居だったら、自分が何者なのか、相手が何者なのかわからないまま演じることなんてできないはず。
即興芝居でも同じ。
何者で、どんな関係で、どこにいて、何をしようとしているのか。
これを最初に、すぐに決めることはすごく大事。
そうでないと、演じることができないのだから。何をしていいのかわからないはずなのだから。
そしてそれを興味深くしていく作業は、脚本芝居も即興芝居も一緒。

だから、自分がわからないところにいくために、まずそのために必要なことをする。
即興だからって、何もわかっていなくていいわけではない。
わかっていないところに未知なところにいくから、まずわかることを作らなくてはいけない。

そして、自分や相手やこの場のことがわかったら、行くべき未来がわかったりする。
インプロの世界的権威のキース・ジョンストンや、今井純さんも言います。
「即興芝居は、バックミラーを見ながら前へ進む」
今やったこと、過去にやったことしか手がかりがない。
その手がかりがあれば、進むべき先がわかる。
だからこそ、最初のことをきちんと決めた方がやりやすいのです。

_________________________________________________________

でも、きちんと決めた方がやりやすいとわかってる上で、あえてわからないことをすることも僕は好きだったりします(笑)
それでも場面を成立させることはできると思います。
なんでか。
それは、「わからない」ということで遊ぶことがその場面の目的だからです。


ブログ一覧

イベントカレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
mofmof表現療育クラス 3:00 pm
mofmof表現療育クラス
8月 9 @ 3:00 pm – 4:00 pm
mofmof表現療育クラス
すこっぷ調布で、3歳〜6歳までの未就学児さんを対象に、mofmofとして表現療育クラスを月二回水曜日に行っています。 お問い合わせは、すこっぷ調布までご連絡ください。
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
mofmof表現療育クラス 3:00 pm
mofmof表現療育クラス
8月 23 @ 3:00 pm – 4:00 pm
mofmof表現療育クラス
すこっぷ調布で、3歳〜6歳までの未就学児さんを対象に、mofmofとして表現療育クラスを月二回水曜日に行っています。 お問い合わせは、すこっぷ調布までご連絡ください。
24
25
26
大阪インプロWS#19 1:00 pm
大阪インプロWS#19
8月 26 @ 1:00 pm – 10:00 pm
大阪インプロWS#19
●日時 2017年8月26日土曜日 《1》13:00~17:00 《2》18:00~21:30 ●会場 摂津市内施設 (お申込頂いた方に直接住所をご連絡いたします) ●料金 《1》《2》各回3,000円
27
岡山WS #02 1:00 pm
岡山WS #02
8月 27 @ 1:00 pm – 5:00 pm
岡山WS #02
●日時 2017年8月27日日曜日 13:00~17:00 (受付は12:30から開始いたします) ●会場 岡山県中央公民館 第4研修室 〒703-8293 岡山市中区小橋町一丁目1-30 ●料金:2,500円
28
29
30
31

ワークショップ参加希望の方は下の「ワークショップに申し込む」ボタンをクリックし、題名に参加したい「ワークショップタイトル」を記して、名前、受信可能なメールアドレス、ワークショップに参加する動機を明記の上、送信くださいませ。

ワークショップに申し込む

お問い合わせお問い合わせ

ワークショップや学校教育・研修のインプロ講師のお仕事の他に、ナレーションや声優・俳優、ロクディムの公演依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。 下記「お問い合わせ」フォームから必要事項を記入して送信してください。

ロクディムりょーちん

ロクディムりょーちんの最新の活動や日々思うことなど、SNSでも配信しています。
是非、フォーローお願いします。

TOP