ブログ

ロクディムりょーちんの「僕が即興芝居で、こだわること。大事にしていること。」#23 『瞬間瞬間』

,

今日のテーマは「瞬間瞬間」
その時、何を感じ、何を思ったのか。
僕のTwitterの中から、その時ワーク終わっての生の言葉を拾ってみました。
何が書いてあるのだろう。僕も興味津々。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ルールがただの負荷になってはいけない。ルールを使って遊べなくちゃいけない。それを使って、どう楽しい場面を作れるのか。あたふたすることだけが見たいんじゃない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
みんなで遊ぶことについて考えた。で、いっぱい遊んだ。
「遊ぶことはクリエイティブなこと」
そんな人たちを見れることは嬉しいことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
即興をする時、奇跡を期待するだけでは足りない。奇跡が起きるには、期待という受身だけでいるのではなく、起きたことに能動的に関わっていくことが大事。だから、奇跡的なことが起こる。待っているだけでは何も起こらない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分の身に起きたことは表現する。表現するから、「その」次を発見できる。イメージできる。
表現せずに、次を発見することなどできない。
自分や相手が出したこと、起きたことにはどんな形でも関わることができる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
どうしたら、より「即興する」ことが楽に気楽に楽しくできるかと考える。初めての人にも、経験してる人にも大事なこと。興味深いことも、オモロイこともここから派生している。
今日もそこをみんなと一緒にワークできたらいいな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分が思いついたことを、自分が感じたことを、どう相手に伝えるのか。
言葉にならなくてもいい。たどたどしくでもいい。
それを表現したことが伝えたこと。伝わったこと。
またそこから相手の思いつき、感じることが生まれる。
それが「やり取り」。

みんなすごく良かった。
相手から起きてることから、そこから想像、創造をしている。
やり取りをしている。
良い場面が生まれる瞬間がいっぱいみれた。嬉しかった!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
即興はこうやらないと!
こうでなきゃととらわれが強いと、結局その枠の中でしか自分を表現することができない。
どうでなきゃいけないなんてことは、全くないはず。即興なのだから。
ただ、自分の表現を鍛え、伝える手段を磨いていくことが必要!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何も無いところから興味深いことを言うことややることは、困難なことだけど、
言ったことややったことから、それを興味深くしていくことはできる。
そこを鍛えていけるようになっていきたいな。
もう、ステキな材料はそこに出ている。あとは気づけるかどうか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
頭の中にいるのではなく、想定の中にいるのではなく、今ここにいる。起きていることに、ただ反応できる自分でいる。反応したら、対応していくことはみんなできる。反応できない体勢に自分をしていることに気がつかないといけない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何かを表現しようとすることに、一所懸命になるんじゃないんだ。
今もうやっていることを、一所懸命表現するんだ。
力を注ぐ場所が違う

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相手や相手が言ったことやったことに、興味を持つ。
興味を持つから、それがどういうことなのか知りたくなる。関わりたくなる。
で、そのことが具体的になり、掘り下げられた物になり、より興味深いものになる。
「興味を持つ」大事なこと!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
機械的に「やらなきゃいけない」とやるのか、それが好きだから、知りたいから、わかりたいから、興味あるから「やる」のでは、進むべき先が全く変わってくる。
あくまで、自分としてどうなのかということ。楽しいチョイスをするべき。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「即興する力」とは「対応する力」。
「即興する力」とは「(相手から、自分から)連想・発想する力」。
その力をワークショップで鍛えていきたい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「自分『を』演じる」
「自分『が』演じる」
前者と後者では、「てにをは」の違いだけだけど、大いに違うことかと。
自分がこの役を、このキャラクターをどのように演じるのかと探求していくことのが楽しい。自分を演じては何を求めていいのかわからなくなってしまう気がする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
相手があるのはありがたいこと。自分だけ焦っても、しょうがない。
自分から発信したなら、相手からの反応を待ってみる。
「待つ」
それは、相手からのことを聞こうとする姿勢であり、自分の反応を身体に準備させる時間でもある。
頭を焦らせず、身体で待つ。身体を信頼する。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インプロが楽しいんじゃない。
即興が楽しいんじゃない。
自分が、インプロを即興を使って楽しいことをする!
インプロのルールややり方が楽しいことにはしてくれない。それで楽しいことになっているなら「インプロ」にやらされているだけ。
自分が使ってやる、という気構え!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
インプロのゲームの面白さを知らなくてはいけない。
なんでそのルールなのか、何が面白いのか、どう提示されるべきなのか、何を楽しんで見てもらいたいのか…
ただルールに沿って、そのゲームの面白さも知らずに楽しんでいるだけでは、つまらない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日常とインプロすることを区別してはダメだ。同様に、インプロすることと演技をすることも区別してはダメだ。
一緒であるべき。
違う人になるわけでも、インプロだからインプロの演技をするわけではないよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

その時に感じていることなので、かなり近いことを言っていることが多いですが・・・。
僕自身も、何を自分が感じ、考えているのか、読み返すと参考になります。

これからも、ロクディムりょーちんTwitter
こちらにて、生の今の思ったままのことをつぶやいていますので、どうぞチェックしてみてください。

ブログでも、さらに、まだ自分の即興感、インプロ感について書いていきたいので、是非ご贔屓を。


ブログ一覧

イベントカレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
府中親子WS 9:30 pm
府中親子WS
1月 12 @ 9:30 pm – 11:30 pm
府中親子WS
●会場 府中市市民活動センタープラッツ  (京王線・府中駅より徒歩1分) ●時間 9:30~11:30 *15分前よりお部屋にお入りいただけます。受付をお済ませください。 ●対象 一緒に参加のできる親子 ※府中在住に限らない ●年齢 おとな=制限なし  こども=2歳~・小中高校生・大学生および専門学校 ●スケジュール 【1月】1月12日(土) 第6会議 【2月】2月3日(土) 和室全室 各回毎のご参加を承ります。開催日時は下記参照。 ※府中在住に限らない ●参加費 親子1組 2,000円(各回のご精算をお願いします)/1名様追加につき+500円 ※要予約 ※お子様だけ、大人だけでのお申し込みはご遠慮ください ※託児のサービスは予定していません 【ご予約・お申し込み方法】  予約する *お電話・メール・FAXでもお申込み可 *facebookのチェックだけでは予約は完了しません。ご注意ください
13
14
西宮WS#03 1:00 pm
西宮WS#03
1月 14 @ 1:00 pm – 10:00 pm
西宮WS#03
●日時 2019年1月14日月曜日/祝日 《1》13:00~17:00 《2》18:00~22:00 ●会場 西宮市内施設 (お申込頂いた方に直接住所をご連絡いたします) ●料金 《1》《2》各回3,000円 1の昼のクラスは、基礎的なことを 2の夜のクラスは、場面を作っていくことを中心にワークしていきます。 ●お申込 フォームよりお申込みください。
15
16
17
18
小倉赤羽根吾朗LIVE 7:30 pm
小倉赤羽根吾朗LIVE
1月 18 @ 7:30 pm – 7:45 pm
小倉赤羽根吾朗LIVE
<日程> 2019年1月18日(金) 19:00開場、19:30開演 <会場> engel(福岡県北九州市小倉北区大門2-7-5) <チケット代> 2000円(ワンドリンク代込)。 <ご予約> kameikotoe@gmail.com(担当 亀井)まで、お名前と人数を!
19
福岡合宿WS
福岡合宿WS
1月 19 – 1月 20 全日
福岡合宿WS
●日時 2019年1月19日(土) ・10時~12時(体験WS)←(一般参加者あり) ・12時~13時休憩 ・13時~21時インプロWS 2019年1月20日(日) ・10時~15時インプロWS ・16時〜 ショーイング ・18時 振り返り、打ち上げ ●料金 全参加 15000円 (参加費は、事前にお振込いただきます。) 体験WS 2000円 ※一日での参加ご希望の方は、下記までお問い合わせください。 ●お問い合わせ、お申し込み parako.ws@gmail.com →氏名・年齢・所属を記載してメールにてお申し込みください。
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

ワークショップ参加希望の方は下の「ワークショップに申し込む」ボタンをクリックし、題名に参加したい「ワークショップタイトル」を記して、名前、受信可能なメールアドレス、ワークショップに参加する動機を明記の上、送信くださいませ。

ワークショップに申し込む

お問い合わせお問い合わせ

ワークショップや学校教育・研修のインプロ講師のお仕事の他に、ナレーションや声優・俳優、ロクディムの公演依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。 下記「お問い合わせ」フォームから必要事項を記入して送信してください。

ロクディムりょーちん

ロクディムりょーちんの最新の活動や日々思うことなど、SNSでも配信しています。
是非、フォーローお願いします。

TOP