ブログ

ロクディムりょーちんの「僕が即興芝居で、こだわること。大事にしていること。」#31 『表現する』

, ,

今回のテーマは、「表現する」

つまり、自分が感じたことを、思ったことを、思いついたことを「表に現す」。
まずは、どう表に出すかが大事なのではなく、表に出そうとしてみることが大切なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の中には何かがあった。
そうやろうと考えていた。
そういうつもりでやっていた・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分の中に何かを感じること、そして何かを思いつくことは、素晴らしいことです。素敵なことです。
ただ、それが自分の中にあるだけでは、何も前に進むことはできません。
自分の前に放り出してみる。
そうして初めて、あなたの中にそれが存在していることが、自分にも相手にも(お客さんにも)わかることができるのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もちろん、エンダウメントのように
(エンダウメント・・・相手を~とみなすこと。例えば、相手をセクシーな人と思う。そう強く思うことで、行動や言動に影響が出てくる)
思うことから、表現することに影響が出てくることもありますが、
それも、そこから影響が出てきたことを表現してくれるから、その人の中に何が存在しているのだろうと、相手やお客さんは興味を持つことができるわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

つまり、表現をしない限り、自分の中にたとえ素晴しいものが存在していても、それは宝の持ち腐れで、持っているだけで素敵なことになるわけではありません。
自分の外に現してみる。
そうすることで、対相手が、自分が何を感じ、何をしようとしているのか、何をしたのか、わかることがができるわけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「どう表現したらいいんだろう」
「どう伝えたらいいんだろう」
悩むこともあると思います。
いいんです。どう表現しても、どう伝えても。まずはそれをしてみる。
そして、その表現が自分が意図したように表現されていなかったら、伝わっていなかったら、またチャレンジすればいいんです。
もしくは、付け足して表現すればいいんです。
まずは出してみない限り、それがどんな表現になるのか、自分だってわかりません。
出してみてわかることもある。
だから、出してみる。
それで、気づく
「ああ、足りていないんだ」
そうしたら、足していけるように、意識できればいい。トレーニングしていけばいい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

または、その表現しきれていないことですら、相手には素晴らしいプレゼントになることもある。
たどたどしく伝えたことが、思いも寄らない展開に結びつくこともある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分が表現してみたことは素晴しいことなのだ。
素敵なものだのだ。

自分の中にあるだけではダメです。
外に出してみる。
そうすることで気がつける。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日常でも一緒。誰かに話してみることで、自分に気がつくことができる。そんなこともある。
自分が思っている以上に、自分が現すことは大きいもの。
まずは、とどめずに出してみる癖をつける。
この場に合うことかどうかとか、今のタイミングでどうだろうとかではなく、思ったタイミングで表現してしまえることが、一番大事。


ブログ一覧

イベントカレンダー

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
こどもとおとなの演劇部WS 9:15 am
こどもとおとなの演劇部WS
9月 22 @ 9:15 am – 11:45 am
こどもとおとなの演劇部WS
●会場 府中市市民活動センタープラッツ  (京王線・府中駅より徒歩1分) ●時間 9:15~11:40 *15分前よりお部屋にお入りいただけます。受付をお済ませください。 ●対象 一緒に参加のできる親子 ※府中在住に限らない ●年齢 おとな=制限なし  こども=小学生・中学生・高校生・大学生および専門学校 ●スケジュール 2018年6月より開催の、月一回のワークショップ(全7回)にご参加ください。 参加スケジュールは相談可。開催日は下記参照。 ①6月23日(土) 和室 ②7月15日(日) 第7会議室 ③8月11日(土) 第6会議室 ④9月22日(土) 第6会議室 ⑤10月28日(日) 第6会議室 ⑥11月18日(日) 和室 ⑦12月9日(日) 第6会議室 (2019年1~3月も開催継続予定) ●参加費 親子1組 2,000円(各回のご精算をお願いします)/1名様追加につき+500円 ※要予約 ※お子様だけ、大人だけでのお申し込みはご遠慮ください ※託児のサービスは予定していません contactfuchu-impro@yahoo.co.jp  090-9922-7946 (担当:ACF宮川)
23
24
25
26
27
28
29
30

ワークショップ参加希望の方は下の「ワークショップに申し込む」ボタンをクリックし、題名に参加したい「ワークショップタイトル」を記して、名前、受信可能なメールアドレス、ワークショップに参加する動機を明記の上、送信くださいませ。

ワークショップに申し込む

お問い合わせお問い合わせ

ワークショップや学校教育・研修のインプロ講師のお仕事の他に、ナレーションや声優・俳優、ロクディムの公演依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。 下記「お問い合わせ」フォームから必要事項を記入して送信してください。

ロクディムりょーちん

ロクディムりょーちんの最新の活動や日々思うことなど、SNSでも配信しています。
是非、フォーローお願いします。

TOP