ワークショップ


photo09

ロクディム りょーちんは、子どもたち、親御さん教育関係の方、表現者(役者・パフォーマー)を対象に、インプロ(即興芝居)を使ったワークショップを行っています。

コンセプトは「この場この瞬間を味わいながら、自由にありのままに自分を表現できる力を養う」「相手を見て、聞いて、意図を感じ、一緒に繫がることができる」こと。
ワークショップをとおして、子どもたち同士、子どもたちと大人、大人たち同士が、自分や相手を肯定し、楽しくコミュニケーションを取れるようになること。お互いを思いやる心を育むこと。自らを表現し、即興することを楽しめるように、そして興味深く演じることができるようになることを目的に活動しています。

インプロ(即興芝居)って…?

台本も演出家もなにも決まっていない、その場で創るお芝居のことです。
お互いのやり取りだけで、未知なる物語を創ります。
パフォーマンスとして評価されるだけでなく、欧米では、コミュニケーション教育や人材育成のために、学校や企業でインプロを用いた授業が行われています。
日本でもさまざまな場所で広まりつつあります。

photo11

photo02

photo17

インプロ・ワークショップって…?

即興芝居(インプロ)とは、脚本や段取りが無く、この場で相手と一緒にやり取りをしてストーリーを作っていくものです。
準備することなく、想定に従って進めていくのではなく、今この場で起こったことに対応して、相手と一緒に未知な方へ進んでいかなくてはいけません。
それには、「自分からこの場からイメージする力」「相手のことを聞く力(相手の意図を感じる力)」「自分や相手、この場に起きたことに対応する力」そして、「それを有効的に活用していく力」が求めれます。
それを、まずは簡単な演劇的なゲームを通し、まずは、「うまくいかなくてもいい」「失敗してもいい」ということを体験して、安心できる場でチャレンジしていけるように。
皆さんにとって、自分の枠を一歩でも先に広げていくことができるように、そして、相手と未知なることを体験することが楽しいと実感してもらえるように、皆さんの状況に合わせワークしていきます。

※インプロ(即興芝居)ゲーム例

  1. 「ワンワード」
    集まったみんなが順番に一文節ずつをしゃべりながら、ひとつの物語を即興でつくります。
    しかし、途中で詰まってしまったり、何を言おうか考えてしまったり、この物語を楽しめなくなってしまったら、「もう一回」とみんなで言って、最初のまっさらな状態から始め直します。
    先の展開を想定しないで、次の人へと自らの言葉をあけわたしていく勇気。そして、ひとりよがりではなく、相手のために関わり、一緒に恊働してつくりあげていくこと。さらに失敗することに慣れることを学びます。
  2. 「サンキュー」
    何人かで行ないます。
    一人の人が、彫刻のように何かのポーズをとって固まります。それを見て、他の人が何をしている場面かインスピレーションが浮かんだら、相手役としてその場面に関わって、その場面がどんな場面だったのか少しの時間一緒に演じます。しかし、3秒経ち、相手役担当の人が何もインスピレーションが湧かなかったら、彫刻役の人を元のフラットな直立な姿勢に戻してあげます。それでも成立です。
    自分が何をイメージできるのかを楽しむこと、相手に自分がイメージしたことを伝える力を、そして常に上手くいくわけではないことに慣れることを学びます。

ワークショップの種類

  1. 子どもたちの表現ワークショップ

    photo10

    子どもたち同士が想像し、協力し、表現し、創造していけるように。そして自分を認め、肯定をしていけるように(同時に相手も認め、肯定していけるように)、即興芝居の簡単なゲームをとおしてワークします。

    ■こんな効果が期待できます
     ・自分や相手を知って、認め、肯定できるようになる。
     ・いろいろな人や、いろいろな考え方があるという多様性を知ることができる。
     ・協力して何かを創ることを能動的に行うことができる。
     ・想像力を育むことができる。
     ・自分から積極的に表現することを楽しむことができる。

    ■例えばこんなところでワークショップが可能です
     ・学校の特別授業の中で 
     ・子どもたちの演劇サークルの中で

    mofmofとして、毎月二回水曜日に、調布にある「東京都指定 児童発達支援事業 すこっぷ」にて、ワークショップを行っています。

  2. 子どもたちと親御さんとのワークショップ
    親子で即興芝居の簡単なゲームを一緒に楽しく遊びます。世代を越えて、お互いを知り合い、伝え合い、わかりあい、認め合うことができるようワークします。

    ■こんな効果が期待できます
     ・お互いのことを知り合うことができる。認め合うことができるようになる。
     ・大人への対し方が変わりました(ワークを子どもと一緒に受けたお母さんの言葉)

    ■例えばこんなところでワークショップが可能です
     ・親子カフェで
     ・親子向けのイベントの中で

  3. 教育関係の方、親御さん対象のワークショップ
    子どもたちに対する方たちが、自ら失敗することを学び、うまくいかないことを体験し、
    相手とどのように建設的に、楽しく、前向きに関わるかを、即興することを通して経験できるようワークします。

    ■こんな効果が期待できます
     ・先生方、親御さん方同士のコミュニケーションを円滑にすることができる。
     ・生徒、子どもたちとどのように接していけばいいか気づくことができる。

    ■例えばこんなところでワークショップが可能です
     ・先生方が集まる集会などで
     ・母親、父親学級などで

  4. 一般の方、または表現者のためのワークショップ

    インプロ・ワークショップ写真

    未知や失敗を恐れず、ここにいる相手と一緒に「今」を体験し、楽しく遊び、やり取りをし、紡ぎ合う。自分と繫がり、自分になる。相手を認め、相手のしていることに気づく。
    「即興する」ことを体験し、いろいろなことに対応できる自分になれるよう、ワークしていきます。

    ■こんな効果が期待できます
     ・自分で素直に正直に表現することができるようになる
     ・相手に反応してどんなことにも対応することができるようになる
     ・一つのことを興味深く演じることができるようになる

    ■例えばこんなところでワークショップが可能です
     ・主催されるサークルで
     ・演劇教室などで
     ・役者向けワークショップ、学校の授業などで

    週一で東京で、表現者向けにワークショップを、また、月一で大阪で同様に表現者向けにワークショップを行っています。
    また、福岡、松本、仙台で不定期ですが、本年も開催予定です。

ワークショップ・プログラムについて

子どもたちのワークショップは45分から、大人たちのワークショップは60分から承ります。
継続的にワークショップを行うことや、発表会を行うことも可能です。
料金については、お問い合わせください。

ワークショップの参加について

下記、イベントカレンダーをご参照の上、「ワークショップに申込む」から申し込み、またはお問い合わせください。

イベントカレンダー

1
2
3
松本WS
松本WS
11月 3 – 11月 4 全日
松本WS
◎スケジュール 11月3日10時〜19時(休憩1時間) 11月4日10時〜16時(休憩1時間)     ショーイング     18時スタート19時30分終了     振り返り21時終了 ◎会場 信濃ギャラリー (〒390-0874 長野県松本市大手4-7-2) ◎料金 全参加 10,000円 3日ワークショップ6,000円 4日ワークショップ3,000円 4日ショーイング出演振り返り3,000円 ◎お申し込み方法 下の「申し込む」ボタンを押すと立ち上がるメールの本文中に、「本文に、1.氏名、2.年齢、3.所属、4.メールアドレス」をご明記の上、送信ください。 ※メーラーが立ちあがらない場合は、お手数ですが件名を「即興芝居WS参加希望」として saruroman@gmail.com 宛にメールをお送りください。 ※携帯電話からのお申し込みは、上記アドレスからの返信が受け取れるようお願いいたします。  申し込む
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
こどもとおとなの演劇部WS 9:15 am
こどもとおとなの演劇部WS
11月 18 @ 9:15 am – 11:45 am
こどもとおとなの演劇部WS
●会場 府中市市民活動センタープラッツ  (京王線・府中駅より徒歩1分) ●時間 9:15~11:40 *15分前よりお部屋にお入りいただけます。受付をお済ませください。 ●対象 一緒に参加のできる親子 ※府中在住に限らない ●年齢 おとな=制限なし  こども=小学生・中学生・高校生・大学生および専門学校 ●スケジュール 2018年6月より開催の、月一回のワークショップ(全7回)にご参加ください。 参加スケジュールは相談可。開催日は下記参照。 ①6月23日(土) 和室 ②7月15日(日) 第7会議室 ③8月11日(土) 第6会議室 ④9月22日(土) 第6会議室 ⑤10月28日(日) 第6会議室 ⑥11月18日(日) 和室 ⑦12月9日(日) 第6会議室 (2019年1~3月も開催継続予定) ●参加費 親子1組 2,000円(各回のご精算をお願いします)/1名様追加につき+500円 ※要予約 ※お子様だけ、大人だけでのお申し込みはご遠慮ください ※託児のサービスは予定していません contactfuchu-impro@yahoo.co.jp  090-9922-7946 (担当:ACF宮川)
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

ワークショップ参加希望の方は下の「ワークショップに申し込む」ボタンをクリックし、題名に参加したい「ワークショップタイトル」を記して、名前、受信可能なメールアドレス、ワークショップに参加する動機を明記の上、送信くださいませ。

ワークショップに申し込む

お問い合わせお問い合わせ

ワークショップや学校教育・研修のインプロ講師のお仕事の他に、ナレーションや声優・俳優、ロクディムの公演依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。 下記「お問い合わせ」フォームから必要事項を記入して送信してください。

ロクディムりょーちん

ロクディムりょーちんの最新の活動や日々思うことなど、SNSでも配信しています。
是非、フォーローお願いします。

TOP